猛虎花形 リール配列 打ち方 解析攻略

猛虎花形 リール配列 打ち方 解析攻略
(c)スパイキー/2013/10

スパイキーから10月21日に登場した新台『猛虎花形』の、リール配列と打ち方の解析・攻略情報です。

▼リール配列

猛虎花形 リール配列 打ち方 解析攻略

▼打ち方

<通常時>
・左リール枠上~上段に②or⑮のBARを狙う
     ↓
 1)角チェリー停止時>>>中・右リールにチェリーを狙う(赤7目安)
 2)中段チェリー停止時>>>中・右リール適当打ち
 3)スイカ上段停止時>>>中・右リールにスイカを狙う(BAR目安)
・上記以外は適当打ち
※通常時はナビ発生時以外は左リールを最初に停止しないとペナルティーの可能性あり

<疑似ボーナス・AT中>
・押し順ナビ発生時>>>ナビに従い各リール適当打ち
・押し順ナビ非発生時>>>通常時の打ち方で小役をフォローする
・カットイン発生時>>>逆押しで指定された図柄を全リールに狙う

打ち方の解説です。

通常時は左リール枠上か上段に②か⑮のBAR狙いで、角にチェリーが停止したら中・右リールにチェリーを狙って、左リール内にスイカが滑ってくれば中・右リールにもスイカを狙うって感じです。

リール配列を見ると分かると思いますが、中・右リールにはスイカが各2つずつしかないので、しかっり狙っていきたいですね。

各レア小役の停止形は…

単チェリー停止→純ハズレ
2連チェリー停止→弱チェリー(1枚)
3連チェリー停止→強チェリー(1枚)
中段チェリー停止→中段チェリー(1枚)

スイカ揃い→スイカ(1枚)

中段リプ・リプ・ベル停止→弱チャンス目A
斜めスイカテンパイハズレ+右リールにスイカ停止→弱チャンス目B
中段ベルハズレ→強チャンス目A
斜めスイカテンパイハズレ+右リールにスイカ非停止→強チャンス目B
上段スイカハズレ→強チャンス目C

左リールにチェリー付のBAR図柄を狙って、枠内チェリー停止時はチェリーの強弱の判断をして、スイカまで滑ってきたらスイカを狙うっていう、このパターンは現状のパチスロの打法としては王道と言えるので覚えておきましょうねー。

                                                                52

Sponsored link
    

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ記事検索

スポンサーリンク

Twitterはじめました

ブログランキング

おかげさまで nikukyu
現在の順位は・・・


nikukyu にほんブログ村 スロットブログへ

お気に入りサイトの最新記事

このページの先頭へ