個人的パチスロオブザイヤー2014上半期 ベスト5発表

2014-h-slot-ranking-best5

こんばんは、きくしです^^

今回は自分的に思う「パチスロオブザイヤー2014上半期」をランキング形式でお送りしたいと思います。

振り返ってみると思ったより面白いスロットがあったので、みなさんも振り返ってみると楽しいかもしれませんよ。

「この機種を忘れてるぞー。」とか「その気持ち分かるぞー。」とかって意見があったら、是非聞かせて下さいね、コメント待ってます^^

Sponsored link

第5位 パチスロ蒼天の拳2

soutennoken2
©Sammy/2014/06/16

<中段チェリーを自在に操る新たに北斗の名を継ぐもの>

サミーが満を持して発売した「蒼天の拳2」が第5位にランクイン。

北斗&蒼天シリーズの代名詞「中段チェリー」を、左リールがダミーとなる「アンリミテッドリール」の採用で、大胆に進化させた点は個人的に評価していますね。

通常時は「チェリー高確率」と名付けられたCZ(チャンスゾーン)で、他機種のありきたりなCZとの差別化に成功。

AT中は上乗せ特化ゾーン「刮目の刻」や「(超)秀宝乱舞」中のチェリー確率を変動することで、普通ではあり得ないレア役の連続感を可能にしています。

同メーカーの「北斗の拳 転生の章」の「あべシステム」や「「天破の刻」に引き続き、この辺はさすがサミーと言いたくなりますね^^

マイナス要素としては、現段階の情報では天井狙い向きの機種と言わざるを得ないってところでしょうか。

ただ、機種を長生きさせる為のスペックというなら気持ちは分かるので、この先の展開を見守っていきたいって感じですね。

導入から間もなく、自分もまだ打ち込んでないので謎な部分も多いけど、これからに期待という意味も込めて第5位に選出しました^^

蒼天の拳2の解析・過去記事まとめページはこちら↓↓↓

蒼天の拳2・まとめページへ


第4位 エヴァンゲリオン 決意の刻

evangelion-ketsuinotoki
©Bisty/2014/02/10

<優秀な天井を搭載してノーマル機に還りなさい>

安定した天井狙いでお世話になってる「エヴァンゲリオン 決意の刻」が第4位とノーマル機では唯一のランクイン。

まさかのART機として発売となった前作「EVANGELION ART」からノーマル機に帰還。

個人的には設定を狙いたいんですが、ホールがそうさせてくれずに天井狙いでばかり稼働してる状況です。

天井のスペックは優秀で、必ずBIGで終わるので安定感は抜群だと言えるでしょう。

BIG間350GハマりをBIG後0やめで期待値500円ぐらいだと思ってるんで、370G辺りを休憩代わりに座って打つこともありました^^

自分が残念に思うのは、やはり設定を狙える状況に出会わなかったってことですね。

他の地域は分かりませんが自分の地域では狙う気にもなれず、設定狙いしたのは1度だけ、しかも400G弱で早々とやめましたよ。

打ってて面白い機種なんですけどね^^;

天井までのゲーム数が設定変更でリセットされないってのは、ホールにとってかなりのマイナスだと思います。

もし、簡単にリセットできることで利益が出て、その分を設定で還元してくれるっていうなら次回作は是非、天井非搭載or宵越し効かないタイプでの発売を希望しますよ^^

やっぱりエヴァシリーズは小役をカチカチ数えたいんですw

エヴァンゲリオン 決意の刻の解析・過去記事まとめページはこちら↓↓↓

エヴァンゲリオン 決意の刻・まとめページへ


第3位 バジリスク 絆

basilisk3
©UNIVERSAL ENTERTAINMENT
©エレコ/2014/01/27

<最強スペックと多彩な狙い目を持ち合わせた3代目>

ユニーバーサルグループのミズホ・メーシーときて、今作はエレコからの発売となった「バジリスク 絆」が第3位に堂々のランクインです。

3代に渡り、現在のパチスロで許される最高の機械割119%を守っているのは、単純に素晴らしいと思います。

前作「バジリスク2」の天井狙いはかなり美味しかったので今作も期待してましたが、2パターンの狙い方を用意してきたのには驚かされましたね。

BC間G数天井」は天井が浅いので時間効率が良く、「ATスルー回数天井」は少し特殊な狙い方なので、どちらも打てるチャンスは多かったです。

この機種も残念なのは、設定を狙う機会を見つけられないこと。

設定6の万枚達成率が8%オーバーってのは、スロッターとしてやはり興味がありますよね。

1度ぐらいはバジ3の設定6が、どんな挙動をするのか試してみたいっす^^

バジリスク 絆の解析・過去記事まとめページはこちら↓↓↓

バジリスク 絆・まとめページへ


第2位 アナザーゴッドハーデス

another_god_hades
©UNIVERSAL ENTERTAINMENT
©MIZUHO/2014/02/24

<GOD揃いの魅力を再度世に知らしめた神ハーデス>

ゴッドシリーズの殻を破った全く新しい神「アナザーゴッドハーデス」は僅差で敗れ、無念の第2位。

アナゴと呼ばれる本機は、過去のゴッドシリーズの中で1番打ち込んでますね。

前作「ミリオンゴッド 神々の系譜 ゼウスver」での行き詰った感を、見事に払拭したと思います。

GOD揃い」の存在感は相変わらず抜群で、何故だか変に安心しましたよ^^

また、GOD揃いに頼らずとも、超強力な天井の恩恵にも関わらず、圧倒的な天井到達率のおかげでかなり美味しい思いをさせてもらってますね。

犬+50」ってキーワードは、パチスロ界の流行語大賞を狙えるんじゃないかと思ってますw

アナザーゴッドハーデスの解析・過去記事まとめページはこちら↓↓↓

アナザーゴッドハーデス・まとめページへ


第1位 モンスターハンター 月下雷鳴

monsterhunter2
©エンターライズ/2014/03/17

それでは、第1位の発表です。

2014上半期のパチスロオブザイヤー第1位は…

モンスターハンター 月下雷鳴

おめでとうございまーす♪

<ゲームとの融合に成功し未来を創造させてくれるモンスター達>

これがエンターライズ(カプコン)の本当の実力なのかもしれないと思わされた「モンスターハンター 月下雷鳴」が2014上半期の個人的なベスト機種ということになりました。

まずは、発売元を変えて不安でしたが、今回は正解だったと言えると思います。

前作「モンスターハンター」はそれなりの評価を得てたし、もともと人気のコンテンツなので、こけられない状況だったんじゃないでしょうか。

個人的に評価してるのは、元ネタであるゲームの世界観とパチスロが見事に融合してる点ですね。

特にAT中のシステムは新しいとも面白いとも思ったし、常に次の展開が楽しみだってのはスロットを打ってて久しぶりに感じた感覚でした。

大量上乗せ特化ゾーンが流行なのは分かるけど、大量に乗せた後って消化試合みたいになることが多いんですよね^^;

「クエスト」はガチ抽選なので最終ゲームまで熱くなれるし、残りのATゲーム数を表示しないので緊張感が失われずに熱中して試合に臨めるんですよ^^

初打ちで6,000枚超えの爆発を経験して、その後は天国ゾーン狙いで27連敗して、その後の天国ゾーン2連勝で5,000枚超えの爆発を経験してと、面白い展開なので過大評価って部分もあると思いますけどね^^

上がって、下がって、もっと上がるって気持ち良いパターンでしょw

モンスターハンター 月下雷鳴の解析・過去記事まとめページはこちら↓↓↓

モンスターハンター 月下雷鳴・まとめページへ


今回は「モンスターハンター 月下雷鳴」が1位に輝きましたが「アナザーゴッドハーデス」との差なんて、ほとんどないに等しいレベルです。

打ててない機種・打ち込みが足りない機種もたくさんあるし、たまたま展開が悪く低評価って機種もあると思うんで、年間のパチスロオブザイヤーの結果はどうなるのか分かりませんねー。

モンハン2が逃げ切るのか?

アナゴの大逆転があるのか?

それとも、これから導入される機種の中に王座が現れるのか?

今から半年後が楽しみですよ^^

みなさんの好きな機種は何???

▼ランキングサイトに参加中
あなたの応援ポチが記事更新の励みになります★

にほんブログ村 スロットブログへ

▼稼働中にリアルタイムでつぶやいてます
是非フォローお願いします<(_ _)>

Sponsored link
    

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ記事検索

スポンサーリンク

Twitterはじめました

ブログランキング

おかげさまで nikukyu
現在の順位は・・・


nikukyu にほんブログ村 スロットブログへ

パチスロオブザイヤー

パチスロオブザイヤー

このページの先頭へ