【第1打】パチンコ屋~得体の知れぬ危険地帯~【スロ狂いの詩】

【第1打】パチンコ屋~得体の知れぬ危険地帯~【スロ狂いの詩】
▲画像クリックで他のスロットブログをチェック▲

第1打. パチンコ屋~得体の知れぬ危険地帯~

スロットとの出会いは、中学生か高校生の頃。

地元の先輩に呼び出されたことがキッカケだった。

呼び出された理由は忘れたが、待ち合わせ場所は家から徒歩で15分ほどのパチンコ屋。

先輩の呼び出しということで、足早にホールへ向かった。

俗に言う、柄の悪い地域だったこともあり、特にパチンコ屋にはそういう人達が集まった。

時代が許していた部分もあったと思う。

台パンと言われる筐体を殴る行為や、今でもたまに見かけるが、ジャグラーのGOGOランプや沖スロのハナ達が、タバコの火で焼かれた光景は当たり前だった。

金髪の店員、子連れの主婦、ワンカップを持った酔っ払い。

真面な人間が存在しない空間。

地元の悪い先輩や怖い大人が現れる危険地帯。

当時、自分にとってパチンコ屋のイメージは、決して良いモノではなかった。

そんな危険地帯に呼び出されたということで、多少の恐怖を身に纏っていたのを覚えている。

ホールに着くと、一度大きく息を吸い、吐き出さすと同時に重い足を一歩前に進めた。

初めて入ったパチンコ屋。

怒号ような音のおかげで、纏っていた恐怖は一瞬で剥がれ落ちた。

年齢がバレるのはマズいと思い、精一杯大人を演じる。

無駄に胸を張り、自分を精一杯大きく見せて先輩を探した。

客は疎らだったと思う。

とても楽しそうにゲームを楽しむ老人。

生死を賭けたような表情でレバーを叩く作業着姿の男。

しかめっ面で咥え煙草の女。

初めて入ったホール。

そこには様々な人が、実に人間らしく存在していた。

そんな中、一際コインを獲得している不良の後ろ姿が…先輩だ。

声をかけ挨拶すると、「タバコに交換してきてくれ」と10枚程度のコインを渡された。

先輩の頭上には約3000枚のコインの山。

当時タバコの値段は200円程度。

コインの価値が1枚20円だと分かった時、先輩の機嫌の良い理由が分かった。

危険地帯で飛び交う大金。

「パチンコ屋には近づかない方が身の為だ」

初めてのホールで思ったのは、こんな感情だったと思う。

実際、それから数年はホールへ行くことはなかった…。

どういう話の流れだったかは忘れたし、どういう真意があったのかも不明だが、母の言った言葉で強く心に残っているモノがある。

「うちの家系は博才がないから。」

博才がないはずの家系に生まれた男は、数年後、スロプロとして生きていくことになる。

タイトル

【第0打】はじめに~ある男の歩んだ道~
【第2打】ギャンブル~何かを賭ける快感~


▼ランキングサイトに参加中▼
あなたの応援ポチが記事更新の励みです♪

にほんブログ村 スロットブログへ


▼オススメの設定判別ツール▼
収支向上を目指す人は要チェックです!!

Sponsored link
    

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ記事検索

スポンサーリンク

Twitterはじめました

ブログランキング

おかげさまで nikukyu
現在の順位は・・・


nikukyu にほんブログ村 スロットブログへ

お気に入りサイトの最新記事

このページの先頭へ