Warning: Constants may only evaluate to scalar values in /home/saxsu751/kppa20xx.com/public_html/wp-content/plugins/easy-fancybox/easy-fancybox.php on line 40

Warning: array_key_exists() expects parameter 2 to be array, string given in /home/saxsu751/kppa20xx.com/public_html/wp-content/plugins/easy-fancybox/inc/class-easyfancybox.php on line 208

Warning: Illegal string offset 'classic' in /home/saxsu751/kppa20xx.com/public_html/wp-content/plugins/easy-fancybox/inc/fancybox-classic.php on line 303

Warning: Illegal string offset 'classic' in /home/saxsu751/kppa20xx.com/public_html/wp-content/plugins/easy-fancybox/inc/fancybox-classic.php on line 309
バイオハザード6 基本スペックとゲーム性と新台導入日 (動画)

バイオハザード6 基本スペックとゲーム性 (動画)

バイオハザード6 基本スペックとゲーム性と新台導入日 (動画)
©エンターライズ/2015/07/06

こんにちは、きくしです^^

今回は、7月6日より全国導入開始となった、新台パチスロ「バイオハザード6」の「基本スペックとゲーム性」について紹介します。

人気シリーズが新基準機として登場するということで、どのような評価を受けるのか非常に楽しみです。

それでは初打ちに備えて、しっかりとチェックしていきましょう^^

Sponsored link

基本情報

・導入開始日 2015年7月06日(月)
・導入台数 約25,000台
・機種タイプ ボーナス+ART機
・機会割 97.6~113.5%
・ボーナス合算確率 1/1024(全設定共通)
・ART初当たり確率 1/336.1~1/181.3
・ART純増枚数 2.3枚/1G(ボーナス込み)
・50枚辺り平均G数 約40G
・天井 ART間最大999G
・天井恩恵 ART当選

通常時のゲーム性

通常時は、2種類の自力CZ・レア役での直撃・ボーナス中の抽選・規定ゲーム数消化(天井)でARTを目指すゲーム性となっています。

中でもメインルートと呼べるのは、全体の約70%は占めるCZ経由での当選となりそうですね。

5種類ある通常時のステージは内部モードを示唆。

基本は、「イドニア<雪山<カタコンベ<地下研究室<大学」の順に期待でき、地下研究室or大学ならチャンスといったところです。

加えて、「旧市庁舎・雪山洞窟・地下水路」もあり、こちらはCZの前兆ステージとして用意されているようです。

また、押さえておきたいポイントとして、内部モードはCZorATに当選するまで転落しません

これは前作同様ですが、知識介入できる要素かもしれませんね^^

2種類の自力CZの性能

ARTを射止める為の重要な鍵を握る2種類の自力チャンスゾーン。

その性能は以下の通り。

◆ハザードバトル◆

・ART期待度約35%
・10G+α継続
・ミッションクリアでART確定

◆パニックゾーン◆

・ART期待度約60%
・20Gor無限継続
・フリーズ発生でART確定

先述したように、ART当選メインルートとなるので、CZの成否によって後の展開が大きく変わると思います。

ストレスの溜まる展開も、当然ありそうですね^^;

ボーナス(赤7揃い)の性能

また、純粋なボーナスも搭載されています。

その性能は以下の通り。

◆エイダボーナス(通常時)◆

・獲得枚数150枚
・ART期待度約50%
・サブ液晶100%orバトル勝利でART確定

◆エクストラボーナス(ART中)◆

・獲得枚数150枚
・消化中はG数上乗せ抽選
・BAR揃いでシューティングバースト確定

ボーナスの確率は全設定共通で1/1024。

100%到達後は「エアドライブ」に突入し、810(バイオ)%到達でプレミアムART濃厚となっているようです。

これは前作のウェスカーモード中のような感じですね^^

ART「ハザードラッシュ」の性能

本機のARTの名は、お馴染みの「ハザードラッシュ」。

まず、ART確定後は準備状態を経て「4thチェレンジ」へ。

今作もサブ液晶で7が揃えば恩恵があるようです。

恩恵は以下の通り。

◆4thチェレンジ成功時の恩恵◆

<通常青7>
・ART50G+「ザ・マーセナリーズ」

<ジュアヴォ青7>
・ART50G+「ジュアヴォモード」

<金枠7>
・ART50G+「シューティングバースト」

まぁ、基本は揃わずだと思いますが、サブ液晶で7が揃えば恩恵が用意されていますね。

◆ARTの基本スペック◆

・1セット50G+α継続
・純増約2.3枚/1G(ボーナス込み)

ART消化中はゲーム数上乗せやボーナス抽選もあり。

バイオシリーズの代名詞とも言える上乗せは、増殖・サドン変異・完全変異上乗せなど、やはり魅力的ですね^^

多彩な上乗せ特化ゾーン

もちろん上乗せ特化ゾーンも多数搭載されています。

各特化ゾーンの性能は以下の通り。

◆ザ・マーセナリーズ◆

・1セット20G+α継続
・消化中G数減算ストップ
・ベルとレア役でポイント獲得
・最終ゲームで獲得ポイントに応じて上乗せ

◆クロスオーバーエピソード◆

・27G継続
・消化中G数減算ストップ
・画面ブレイクで特化ゾーンorボーナス

◆シューティングバースト◆

・抽選で転落するまで毎ゲーム上乗せ
・攻撃パターンで期待度変化

◆プレミアムハザードラッシュ◆

・本機最強の特化ゾーン
・基本ゲーム数66Gからスタート
・エピソードコンプリート(10話)まで継続
・消化中G数減算ストップ

特化ゾーンは充実していますね。

絡み合った時の破壊力は強力だと思います^^


PAYOUT

設定 PAYOUT
1 97.6%
2 98.8%
3 100.0%
4 103.1%
5 107.2%
6 113.5%

ボーナス確率

設定 ART確率 ボーナス確率
1 1/336.1 1/1024
2 1/319.4
3 1/302.1
4 1/262.3
5 1/217.5
6 1/181.3

ボーナス確率とPAYOUT

とりあえず、設定6の機会割が119%じゃなくなったことが残念です。

新基準機ということで仕方ないんでしょうが、残念です…。

実際にホールで使われるかどうかは別として、やっぱりハイスペック機に魅力を感じる人って多いと思うんです。

それだけで稼動が上がりますからね。

まぁ、言っても仕方ありませんが…。


PV(動画)

PV(動画)の感想と機種への期待度

やっぱり存在感というか雰囲気は持ってますよね^^

先日発売されたばかりのエヴァンゲリオン 希望の槍に続き、今後のパチスロ業界を占うような機種だと思ってます。

何とか人気機種の仲間入りしてほしい。

これが現段階での率直な気持ちです。

稼ぐ為と言っても、出来れば面白いスロットが打ちたいですからねー。


▼ランキングサイトに参加中
あなたの応援ポチが記事更新の励みになります★

にほんブログ村 スロットブログへ

▼稼働中にリアルタイムでつぶやいてます
是非フォローお願いします<(_ _)>

▼機種ページはこちらから
稼働のお共にお使いください^^
バイオハザード6・まとめページへ

Sponsored link
    

One Response to “バイオハザード6 基本スペックとゲーム性 (動画)”

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ記事検索

スポンサーリンク

Twitterはじめました

最新コメント

お気に入りサイトの最新記事

このページの先頭へ